不動産投資には優秀な不動産仲介業者が必要不可欠

ウーマン

安定した収入

集合住宅

近年、マンション経営で不動産投資を行う方が増えてきています。その中でも人気が高いのがマンション経営です。上手くいけば家賃収入が全て自分の収入となります。基本的にマンションの購入にはローンを利用して、ローンの返済を家賃収入でまかなうのです。このことにより、無理なくローンの返済が行えます。ローンを返済した後は、家賃収入がそのまま自分の懐に入るので、メリットが大きいのです。最近では、年金だけでの生活に不安を持っている方も多いでしょう。そのような方は、マンション経営をすることで老後の生活に安定感をもたらすのです。安定した収入を得ることができるので、老後の生活に対して不安もなくなるでしょう。例えば、40歳で35年のローンを組んだ場合は75歳でローンを完済することになります。ローンの支払いが終わる75歳以降は丸々家賃収入が自分の懐に入ってくるので、年金と合わせて大きな収入が得られるのです。一般的に年金収入に頼っている場合は、生活に余裕がないことが多いと言われています。余裕を持った生活を考えている方にピッタリの投資なのです。また、確定申告でもうま味があります。確定申告後に還付金請求を行うことで、収めすぎた税金が手元に戻ってくるのです。投資用マンションを1件所有している場合には、20万円程のお金が還付される場合もあります。このようにマンション経営にはメリットが多いのです。そのため、オーナーの中にはマンションを買い増ししていく方も少なくありません。マンションの件数が多いほど、還付金の金額も大きくなってくるのです。